rksoftware

Visual Studio とか C# とかが好きです

IntelliCode Model を削除する

IntelliCode には自分のコードを学習してオススメを挙げてくれる機能があります。

仲間とモデルを共有することもできます。
そんな学習モデルですが不要になったら削除したくなりますよね。

■ モデルを削除する

メニューの 表示 > その他のウィンドウ > IntelliCode Model Management で、 削除したいモデルを選択し [ 削除 ] ボタンでモデルを削除できます。
f:id:rksoftware:20190421001827j:plain

基本の IntelliCode Model の設定

IntelliCode には自分のコードを学習してオススメを挙げてくれる機能があります。

とても素晴らしい機能ですが、実際ところ前述の言葉だけでは「使ってみよう」とならない方も多いのではないでしょうか?

大丈夫です。自分で学習をさせなくても、GitHub の大量のリポジトリから学習した設定が最初からついてきます。自分で学習させる必要はありません。自分たちのコードに自信がない私のような低スキルプログラマでも、基本の学習モデルだけを使うという選択で安心してその恩恵にあずかれます。

■ 基本モデルたち

特に自分で学習させなくとも次の3つの基本モデルが使えます。
f:id:rksoftware:20190421000526j:plain

  • C# 基本モデル
  • C# 引数の候補
  • XAML 基本モデル

それぞれ次のような感じです。

C# 基本モデル

基本的な IntelliCode です。
f:id:rksoftware:20190421000411j:plain

C# 引数の候補

メソッドに渡す引数をレコメンドしてくれます。これはなんかすごいですよね。
f:id:rksoftware:20190421000430j:plain

XAML 基本モデル

基本的な XAML の属性などをレコメンドしてくれます。
f:id:rksoftware:20190421000444j:plain

■ モデルの取捨選択

最初からいてくれるモデルですが全てが必要ではない、むしろどれかはあってほしくないという場合もあるかもしれません。
そんな時は、メニューの オプション > オプション > IntelliCode で設定が可能です。
f:id:rksoftware:20190421000502j:plain

C# 基本モデルC# 引数の候補XAML 基本モデル を有効とするか否かを設定できます。
変更後は、Visual Studio の再起動が必要な気がします。気がしますというのは、Visual Studio 起動後に IntelliCode が動作しだすまで何十秒もかかることがあったり、すこしまだ動きが安定していない様子です。設定変更後も Visual Studio を何度か再起動してようやく変更が効いたりしました。

C# カスタム モデル

無効にすると、IntelliCode のモデルがすべて無効になるようです。IntelliCode Model Management 上からモデルがすべてなくなります。
f:id:rksoftware:20190421000550j:plain

また、メニューの 表示 > その他のウィンドウ > IntelliCode Model Management なくなります。

f:id:rksoftware:20190421000607j:plain f:id:rksoftware:20190421000621j:plain

C#基本モデル

無効にすると...何も起きませんでした。ただ、前述のように動作が不安定なだけで本当は、効果があるのかもしれません。
または、私が気がついていない認識していない機能が無効になっていたのかもしれません。

C# 引数の候補

メソッドに渡す引数をレコメンドしてくれなくなります。これは Off にする機会はあまりなさそうな気がします。

XAML 基本モデル

XAML の属性をレコメンドしてくれなくなります。これも特に Off にするほど邪魔ではないかなとは思いますが、 Style を完全に使いこなしているプロジェクトでは Off にすることもあるかもしれませんね。

秋葉原 C# もくもく会 #81 勉強会を開催しました

■ C# もくもく会

C# もくもく会 #81 を開催しました。

C# もくもく会 は東京の秋葉原で毎週木曜日に開催している .NET 系の勉強会です。
もくもく自習を基本とし、分からないことを教えあったり情報共有したりしている会です。 定期開催していますので、お時間のある時に遊びに来ていただければと思います。
ちょっと詰まった時、ネット上で聞くのははずかしいなぁ、という課題のできた時などにも思い出していただけると嬉しいです。
f:id:rksoftware:20190420163538j:plain

■ 今週の成果発表

今週は、

  • ブログ書きました
  • 進捗イマイチです
  • C# を完全にマスターしました

ちなみにこの勉強会ですが、実は公序良俗に反しなければどのような技術を扱っても大丈夫です。そもそも C# エンジニアが C# だけしか使わないというわけではありませんし。

■初心者歓迎

このもくもく会には、入門者の方も多くご参加いただいています。 突然 C# やらなければならなくなって途方に暮れている方、何となく C# をやってきたけど改めて見直してみたい方なども大歓迎です。
入門セミナー代わりでのご参加も歓迎です。プログラミング入門者の方も是非遊びに来てください。

特に C# で課題をお持ちでなくても是非遊びに来てください。

■ 目指す勉強会スタイル

世界一敷居の低い勉強会を目指しています。

何か聞きたいことがある場合は、聞く相手を決めずに独り言のようにつぶやくと誰かが拾ってくれる

何か共有したい情報を見つけた場合も、聞く相手を決めずに独り言のようにつぶやくと誰かが拾ってくれる

そんなスタイルでやっています。

■ 次回予定

次回は 2019/04/25 に開催予定です。

C# に関心のある方、是非遊びに来てください。

Excel 上のコメントを確認する

Excel にはコメントという便利な機能があります。
シートのフォーマットやセル構成によらずメモや議論ができる便利な機能ですが、少々見落としやすい面もあるので注意が必要です。

■ コメントを見落とさない

メニューの 校閲 > コメントの表示 でそのシートのコメントを一覧表示できます。
前のコメント次のコメント ならシートを超えてコメントを移動して草ます。
これでコメントを見落とすことがなくなるかもしれません。

何らかの理由があって、コメントを一括で削除したい、というときにも次々と確認しながら削除して行くのにも使えそうです。

城東.NET #31 勉強会を開催しました。

■ 城東.NET

城東.NET #31 を開催しました。

城東.NET は東京の最近は秋葉原で毎月第3水曜日に開催している .NET 系の勉強会です。
発表を中心として、発表でなくとも最近やった事や新しい情報などを参加者で共有している会です。 f:id:rksoftware:20190418070127j:plain
今月の発表は、IntelliCode、技術書典、ValueTuple の発表となりました。

私は IntelliCode というタイトルで話をしました。

Visual Studio 2019 で注目度の高い機能についての内容です。

■ 次回予定

来月は 05月15日(水)に開催の予定です。

.NET に関心のある方、是非遊びに来てください。

技術書典6に一般参加してきました

技術書典6に一般参加してきました。

開催を重ねるごとに参加人数を劇的に伸ばしているイベントのようで、前々回はかなり回るのが厳しく、前回は会場が広くなったためか多少周りやすくなったものの、今回はまた回るのが厳しくなっていました。
知り合いに会ってもあまり会話しないようにしスペースでほとんど足を止めなかったのですが、会場を一周するのに1時間かかりました。
大盛況でした。

■ 戦利品

戦利品です。事前にチェックせず一周しか回らなかったので前回よりだいぶ出費が抑えられた感がありますが、すばらしい書籍を手に入れられたと思います。
f:id:rksoftware:20190414194726j:plain
これからゆっくり読んで行こうと思います。

■ 参加者数について

大盛況という感覚は確かで、実際参加者は1万名を超え 10,260名 とのことです。

ここで、日本の IT エンジニアの人数が気になって検索してみました。 リンク先の情報の出典は、IT人材白書2018 図表1-2-8(IPA) とのことです。
2017年の数値ですが、1,196,000人とのことです。

電卓アプリで計算してみると、IT 人材の 0.9% 程度が参加しているということの様です。
IT 人材の人数は、日曜日が休みでない方や技術書典のためだけに東京に出てくることができない方も含んでいるはずです。それを考慮すると参加率はさらに上がると考えて良いと思います。

これはもう、エンジニアに合ったら技術書典に参加したものとして接してもそう失敗しない比率ではないでしょうか?
とてもすごいイベントですね。

■ 次回も参加したいと思います

大盛況なイベントで、運営の方もサークル参加の方も一般参加の方も様々な苦労もあったと思います。
まずは皆様お疲れさまでした。素晴らしいイベントをありがとうございました。次回も参加させていただこうと思います。

秋葉原 C# もくもく会 #80 勉強会を開催しました

■ C# もくもく会

C# もくもく会 #80 を開催しました。

C# もくもく会 は東京の秋葉原で毎週木曜日に開催している .NET 系の勉強会です。
もくもく自習を基本とし、分からないことを教えあったり情報共有したりしている会です。 定期開催していますので、お時間のある時に遊びに来ていただければと思います。
ちょっと詰まった時、ネット上で聞くのははずかしいなぁ、という課題のできた時などにも思い出していただけると嬉しいです。
f:id:rksoftware:20190412000952j:plain

■ 今週の成果発表

今週は、

  • いつものブログ書きました
  • .EditorConfig をマスターしました
  • ASP.NET MVC のチュートリアルを始めました
  • C# と格闘中です。

ちなみにこの勉強会ですが、実は公序良俗に反しなければどのような技術を扱っても大丈夫です。そもそも C# エンジニアが C# だけしか使わないというわけではありませんし。

■初心者歓迎

このもくもく会には、入門者の方も多くご参加いただいています。 突然 C# やらなければならなくなって途方に暮れている方、何となく C# をやってきたけど改めて見直してみたい方なども大歓迎です。
入門セミナー代わりでのご参加も歓迎です。プログラミング入門者の方も是非遊びに来てください。

特に C# で課題をお持ちでなくても是非遊びに来てください。

■ 目指す勉強会スタイル

世界一敷居の低い勉強会を目指しています。

何か聞きたいことがある場合は、聞く相手を決めずに独り言のようにつぶやくと誰かが拾ってくれる

何か共有したい情報を見つけた場合も、聞く相手を決めずに独り言のようにつぶやくと誰かが拾ってくれる

そんなスタイルでやっています。

■ 次回予定

次回は 2019/04/18 に開催予定です。

C# に関心のある方、是非遊びに来てください。