rksoftware

Visual Studio とか C# とかが好きです

.NET 5 の RC 2 が出ています

.NET 5 の RC 2 が出ています。

早速ダウンロードして試してみようと思いました。
ダウンロードする前に、まず現状の確認をと思いバージョンを確認してみます。

> dotnet --version
5.0.100-rc.2.20479.15

既に RC 2 でした。いつの間に。 ダウンロードサイトを確認しても確かに最新。 思い当たることとしては、直前に Visual Studio の Preview 版をアップデートしていました。 Visual Studio Preview 版アップデートすれば .NET 5 RC 2 も入れてくれる様子。

楽でいいですね。

秋葉原 C# もくもく会 #141 勉強会を開催しました

■ C# もくもく会

C# もくもく会 #141 を開催しました。

C# もくもく会 は東京の秋葉原で毎週木曜日に開催している .NET 系の勉強会です。
もくもく自習を基本とし、分からないことを教えあったり情報共有したりしている会です。 定期開催していますので、お時間のある時に遊びに来ていただければと思います。
ちょっと詰まった時、ネット上で聞くのははずかしいなぁ、という課題のできた時などにも思い出していただけると嬉しいです。
f:id:rksoftware:20201015201130j:plain

■ 今週の成果発表

今週も、進捗の日でした。

  • 進捗あります! けどまだ世間に好評ずるタイミングじゃない。

ちなみにこの勉強会ですが、実は公序良俗に反しなければどのような技術を扱っても大丈夫です。そもそも C# エンジニアが C# だけしか使わないというわけではありませんし。

■初心者歓迎

このもくもく会には、入門者の方も多くご参加いただいています。 突然 C# やらなければならなくなって途方に暮れている方、何となく C# をやってきたけど改めて見直してみたい方なども大歓迎です。
入門セミナー代わりでのご参加も歓迎です。プログラミング入門者の方も是非遊びに来てください。

特に C# で課題をお持ちでなくても是非遊びに来てください。

■ 目指す勉強会スタイル

世界一敷居の低い勉強会を目指しています。

何か聞きたいことがある場合は、聞く相手を決めずに独り言のようにつぶやくと誰かが拾ってくれる

何か共有したい情報を見つけた場合も、聞く相手を決めずに独り言のようにつぶやくと誰かが拾ってくれる

そんなスタイルでやっています。

■ 次回予定

次回は 2020/10/22 に開催予定です。

C# に関心のある方、是非遊びに来てください。

Visual Studio の 16.7.6 がリリースされました

Visual Studio のアップデート 16.7.6 がリリースされました。

■ 更新内容

問題の対策

タイトルだけではよくわからないので内容まで追ってみてみましょう。

  • 複数のタブを開いているプロジェクトを開いて、最初にフォーカスされていたタブから別のタブに切り替えると"Working on it" と表示されてタブが読み込まれない。タブを閉じて開きなおすと問題なく開く。
  • Visual Studio の Feedback の画面が Web になったため、に Web アクセスが制限されている環境でクラッシュするようになった
  • Xamarin.iOS でライブラリプロジェクトに .xib が含まれている場合にビルドエラーになる
  • Microsoft Fakes Framework を使用し、DateTime を使用するコードをテストするために ShimDateTime 型を使っているとビルドエラーになる

ここからは詳細がないので前述サイトから日本語をそのまま掲載します。

  • IntelliCode の候補、コンパイル エラーのフィルター処理
  • Visual Studio 2019 への .NET Core SDK 3.1.403 の挿入
  • HTTPS が有効になっている Service Fabric アプリケーションのデバッグに影響するバグを修正しました。
  • 外部依存関係を持つ Service Fabric NuGet パッケージをサポートします。

今回は、今は大丈夫でもわりとある時突然踏みかねない問題が対策されています。素早くアップデートしましょう。

■ 更新方法

Visual Studio の更新はメニューの ツール > ツールと機能を取得 で開くインストーラーから行えます。

.NET 5 プロジェクトの TargetFramework

以前に dotnet コマンドで .NET 5 のデスクトップアプリのプロジェクトを作る記事を書きました。
その際は、.csproj ファイルの TargetFramework が net5.0-windows になっていなした。この辺りは後日また見てみるとしていました。

今回は、この辺りを見てみるとします。

■ 公式ドキュメント

いきなり終了です。公式ドキュメントがあります。

リンクを開くのが面倒な方のために、表を置いておきますね。出典は前述の公式サイトです。

OS 毎 .NET 5.0 の場合の例
<base-tfm>-android net5.0-android
<base-tfm>-ios net5.0-ios
<base-tfm>-macos net5.0-macos
<base-tfm>-tvos net5.0-tvos
<base-tfm>-watchos net5.0-watchos
<base-tfm>-windows net5.0-windows

とりあえず感で書いて何とかなりそうな直感的な表ですね!

■ より詳しく

前述のサイトにリンクがありますが、より詳しくはこちら また、サイトを出典にですが

<PropertyGroup>
  <TargetFrameworks>net6.0;net5.0-ios13.0;net5.0-ios14.0</TargetFrameworks>
</PropertyGroup>

の様に OS バージョンを指定したり、優先順付きの複数指定ができたりするようです。

なるほど。
簡単ですね。

dotnet コマンドで .NET 5 のデスクトップアプリのプロジェクトを作る

以前に dotnet コマンドで .NET 5 のコンソールアプリのプロジェクトを作ってみました。
今度はデスクトップアプリのプロジェクトを作ってみます。

■ コンソールアプリのプロジェクト ファイル

コンソールアプリの場合のプロジェクト ファイルは次のようになっていました。

<Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk">

  <PropertyGroup>
    <OutputType>Exe</OutputType>
    <TargetFramework>net5.0</TargetFramework>
  </PropertyGroup>

</Project>

■ プロジェクトの新規作成

まず dotnet コマンドで現在のコンソールで使われている dotnet のバージョンを確認します。

> dotnet --version
5.0.100-rc.1.20452.10

手元の環境では .NET 5 RC 1 が使われていることが確認できました。

プロジェクトを新規作成するには、例えば WPF アプリでは次の様にします。

> dotnet new wpf

Processing post-creation actions...
(中略)
Restore succeeded.

■ デスクトップアプリのプロジェクト ファイル

出来上がったプロジェクトのプロジェクト ファイルを確認してみると、次のようになっていました。

<Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk">

  <PropertyGroup>
    <OutputType>WinExe</OutputType>
    <TargetFramework>net5.0-windows</TargetFramework>
    <UseWPF>true</UseWPF>
  </PropertyGroup>

</Project>

TargetFramework がコンソールアプリとは違う net5.0-windows になっています。この辺りは後日また見てみるとしましょう。

■ 実行

> dotnet build
(中略)

ビルドに成功しました。
    0 個の警告
    0 エラー

> dotnet run

WPF のデスクトップアプリが起動しました。

f:id:rksoftware:20201006015545j:plain

簡単ですね。

秋葉原 C# もくもく会 #140 勉強会を開催しました

■ C# もくもく会

C# もくもく会 #140 を開催しました。

C# もくもく会 は東京の秋葉原で毎週木曜日に開催している .NET 系の勉強会です。
もくもく自習を基本とし、分からないことを教えあったり情報共有したりしている会です。 定期開催していますので、お時間のある時に遊びに来ていただければと思います。
ちょっと詰まった時、ネット上で聞くのははずかしいなぁ、という課題のできた時などにも思い出していただけると嬉しいです。
f:id:rksoftware:20201011114921j:plain

■ 今週の成果発表

今週も、進捗の日でした。

  • 進捗あります! けどまだ世間に好評ずるタイミングじゃない。

ちなみにこの勉強会ですが、実は公序良俗に反しなければどのような技術を扱っても大丈夫です。そもそも C# エンジニアが C# だけしか使わないというわけではありませんし。

■初心者歓迎

このもくもく会には、入門者の方も多くご参加いただいています。 突然 C# やらなければならなくなって途方に暮れている方、何となく C# をやってきたけど改めて見直してみたい方なども大歓迎です。
入門セミナー代わりでのご参加も歓迎です。プログラミング入門者の方も是非遊びに来てください。

特に C# で課題をお持ちでなくても是非遊びに来てください。

■ 目指す勉強会スタイル

世界一敷居の低い勉強会を目指しています。

何か聞きたいことがある場合は、聞く相手を決めずに独り言のようにつぶやくと誰かが拾ってくれる

何か共有したい情報を見つけた場合も、聞く相手を決めずに独り言のようにつぶやくと誰かが拾ってくれる

そんなスタイルでやっています。

■ 次回予定

次回は 2020/10/15 に開催予定です。

C# に関心のある方、是非遊びに来てください。

dotnet コマンドで .NET 5 プロジェクトを作る

以前に .NET 5 を試してみる記事を書きました。
その際は、Visual Studio 2019 Preview でプロジェクトを新規作成しプロジェクト ファイルを編集して .NET Core 3.1 のプロジェクトを .NET 5 にしました。

今回は dotnet コマンドでプロジェクトを作って観たいと思います。

■ プロジェクトの新規作成

まず dotnet コマンドで現在のコンソールで使われている dotnet のバージョンを確認します。

> dotnet --version
5.0.100-rc.1.20452.10

手元の環境では .NET 5 RC 1 が使われていることが確認できました。

プロジェクトを新規作成するには、例えばコンソールアプリでは次の様にします。

> dotnet new console

Processing post-creation actions...
(中略)
Restore succeeded.

■ 出来上がったプロジェクト ファイルを確認

出来上がったプロジェクトのプロジェクト ファイルを確認してみると、次のようになっていました。

<Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk">

  <PropertyGroup>
    <OutputType>Exe</OutputType>
    <TargetFramework>net5.0</TargetFramework>
  </PropertyGroup>

</Project>

作成した時点ですでに .NET 5 のプロジェクトになっています。
簡単ですね。